特殊義歯

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは

ノンクラスプデンチャーとは、金属のバネが無い審美性に優れた義歯です。
素材は、プラスチック系のナイロン素材で、半透明で歯ぐきの色と似ており、
軽くて弾力性があり、破折に強い素材でもあります。
アメリカでは50年以上の実績があり、
材質もFDA(食品衛生医薬局)に認可されています。

こんな方にお勧めしています

  • 入れ歯の金属のバネが気になる方。
  • 入れ歯に食べ物が詰まりやすい方。
  • 入れ歯をもっと軽くて薄くしたい方。
  • 入れ歯がよく割れる方
  • 金属アレルギーが心配な方。
    (歯の数によっては補強のため金属を使用することがあります)

症例

  • 初診時の正面
     

  • 術後(ノンクラスプデンチャー未装着)


                        上のノンクラスプデンチャー  下のノンクラスプデンチャー    

  • 術後(ノンクラスプデンチャー装着)


マグネットデンチャー

マグネットデンチャーとは

磁石の力を利用して、入れ歯を安定させる義歯のことで、入れ歯側に超小型磁石を、残っている自分の歯に磁石と相性の良い磁性金属(キーパー)を取り付けることにより、磁力で義歯を安定させガタつきのないピッタリとフィットした入れ歯を作ることができます。

基本的にはご自分の歯の根が残っていることが必要ですが、ない場合でも人工歯根(インプラント)を応用することにより作ることも可能です。

こんな方にお勧めしています

  • 入れ歯の金属のバネが気になる方。
      金属のバネが必要ないので、見た目がとても自然です。
  • 入れ歯が浮き上がる方。
      強い磁石の力で義歯と歯をくっつけるので、おしゃべりもしやすいです。
  • 装着時の異物感が強い方。
      磁石の力で固定されると同時に、かむときの力を磁石を取り付けた歯でも負担するので、   義歯の面積(大きさ)を小さくできます。
  • できるだけ歯を抜かないで義歯を作りたい方。
      磁石を使うことで歯に対する負担を軽減することができるため、虫歯が進んで根っこだけ   になってしまった歯を積極的に義歯の安定に利用できます。




a:6068 t:2 y:0