ウイルス感染を防ぐために

ウイルス感染を防ぐためには、
お口のケアが重要です

「手洗い」は言うまでもありませんが、コロナウィルスを目・鼻・口に直接自分で運ばないようにするためです。

口に運ばれた細菌やウイルスは、唾液中の抗体の働きで粘膜に付着できず、唾液に洗い流されるのですが、細菌(歯垢や舌苔)が多すぎると排除しきれず粘膜への侵入を許してしまいます。

歯磨きが不十分な方、特に歯周病にかかっている方は、食事のたびにたくさんのお口の細菌が腸に運ばれるため、腸内細菌のバランスが崩れ、全身の免疫力が低下するリスクが高まります。

また、炎症のある歯ぐきの出血点から細菌や細菌の出す毒性物質が毛細血管に侵入し、 血流にのって全身に拡散します。

そのため、感染症にかかりやすくなったり、さまざまな全身疾患が発症しやすくなることが知られています。

口腔ケアは、新型コロナウイルス感染の重症化を防ぐために欠かせません。ウイルス感染のみの自覚症状はそれほどなく、同時にあるいはその後細菌感染することで症状が重症化(死亡)することが報告されています。このきっかけに歯周病菌などの細菌の出す毒素の全身拡散が指摘されています。コロナウイルス性肺炎に続発する細菌性肺炎を防ぐには歯周病治療が必要だという見解です。

基本は「手洗い」盲点は「口腔ケア」特に舌磨きです。